妊娠中の脇の黒ずみはケアすべきかどうか

私は妊娠してから、脇の黒ずみが気になるようになりました。

今までも脇の黒ずみはありましたが、妊娠してから酷くなった気がします。

そこで、その黒ずみをなくすためにどうしたら良いのか調べてみました。

そもそも、なぜ脇は妊娠すると黒ずんでしまうのかというところです。

それは、妊娠するとホルモンが妊娠前と変わるからです。

ホルモンが黒ずむ原因であるメラニン色素を刺激してしまうため、脇が黒くなってしまいます。

つまり、妊娠して脇が黒ずむのはしょうがない事なんです。

では、その黒ずみに対してどうすれば良いのかというと、美白効果がある美容液を利用すると良いそうです。

例えば、肌に良いとされるビタミンCは美白効果があります。

シミを予防する事もできるのですが、成分が不安定で体に吸収されにくいというデメリットもあります。

そこで、ビタミンC誘導体と呼ばれる成分がはいった美容液を利用すると、体内で酵素によりビタミンCが生み出されます。

すると効果的に脇の黒ずみが美白効果できれいになっていきます。

または、脇の黒ずみに効果的なのはピーリング効果があるクリームです。

脇の黒ずみ専用のクリームを塗れば、効果が期待できます。

しかし、私は妊娠中にあまり脇の黒ずみを気にしない方が良いと思います。

妊娠中はホルモンが普段と違うため、こういった黒ずみケアの商品を効果的に使いこなせない可能性があるからです。

妊娠や授乳が終わり、ホルモンが正常に戻ってから脇の黒ずみ治す方法をしていけば良いかな?と思います。

妊娠中は肌が過敏になっている事もあります。

脇は皮膚が薄いため、黒ずみ用のクリームが肌に合わない場合もあります。

すると、それが刺激になって余計に黒ずみが目立ってしまう事もあるのです。

胎児にはなにも問題ないクリームだとは思いますが、妊娠中は黒ずみを気にせずに過ごした方が良いのかな?と思います。

美容を気にするのは、子育てに慣れてきて自分に余裕ができる頃で良いと思います。