『アウトバストリートメント』という言葉を知っていますか?

最近メディアでも取り上げられるなど、その注目度は年々上昇傾向にあるようです。では、『アウトバストリートメント』とは何なのでしょうか。アウトバス、つまりお風呂の外で使うトリートメントのこと、すなわち『洗い流さないトリートメント』のことを言います。今では実にたくさんの会社が洗い流さないトリートメントを販売していますね。アウトバストリートメントそのネーミングも様々で、『ヘアエッセンス』や『トリートメントウォーター』などがあります。形状もオイル、ミルク、ジェル、ミストなどがありますが、どれも同じ『アウトバストリートメント』です。

では、アウトバストリートメントが人気の理由についていくつかお話したいと思います。それは、『成分が長くとどまること』『頭皮への負担が少ないこと』『スタイリング剤代わりになること』などがあげられると思います。

洗い流すトリートメントよりも効果を実感しやすいようです。『トリートメント効果』という点では、アウトバスも洗い流すタイプも同じです。これらの決定的に違う点は、『陽イオン界面活性剤』の量にあります。陽イオン界面活性剤の多い洗い流すトリートメントは、柔軟性に優れており静電気を防止する効果が高いです。しかし皮膚へのダメージがあるため、洗い流すことが必須となっています。一方アウトバストリートメントはこの界面活性剤が少ないため、頭皮への影響はほとんどありません。ただし油分が多めなので、つけすぎるとベタついたり日焼けすることもあるようです。

そしてアウトバストリートメントはタオルドライ後の半乾きの髪や乾いた髪に使います。この点からも頭皮へのダメージが少ないと言えますが、それ以上にスタイリング剤として使えるというのは嬉しいですね。先程も少しお話しましたが、アウトバストリートメントには色々な形状のものがあります。オイルタイプはコーティング効果に優れていますし、ミストタイプは手を汚さずにすみます。自分に合ったタイプのもので、尚且つ髪をいたわることまで出来るのです。ワックスなどでスタイリングをすると、やはり念入りにシャンプーしなくてはなりません。アウトバストリートメントは、髪に負担のない『新しいスタイリング剤』としても効果を発揮することが出来るのです。